FC2ブログ

初 乳がん検診

2007/01/27 00:05
初チャレンジでございます

まだ受診した事の無い方は 参考になさってね
ま~リポーターが私ですから・・微妙ですけど。
区がやってる検診で 有料だが
30歳を超えたら 誰もが受診可能
年末に申し込むと 日時を指定したハガキが届く

仕事の時間も迫ってる微妙な時間帯だったので
ダメ元で 受付30分前に行ったのだが
何も告げないままに 即診察OK!!
今年は かなり空いてる様子だったので ラッキーであった


::::::::::


まずは 問診表に 名前や住所
病歴や しこりの有無 体調などを書き込む
それを白衣の女性に渡し 口頭で再確認をして
担当の女性に案内され すぐにバスへ移動

バスは建物を出た所に 3台止まっていた
3~4人入れる様子の しかし小さなバスに乗り込む
そう エコーである




「こちらで靴を脱いで 足元に気をつけて乗ってくださ・・・」
と 言いながら

・・・担当の女性が転んだ


いいなぁ 笑いの神が降りてきてますよ!
ブログネタに頂きますです。



中に入ると 銭湯のようなカゴが並び
準備が済んだら カーテン奥に入るようにと指示された




思い出した

小学6年の時の事である

何かの健診があり
友達の前で脱ぐのが嫌だなぁと思っていた
しかし!
ここはパっと早く脱いだ方が かえって恥ずかしくないと考え
豪快に 誰よりも早く パンツ一丁になった私
脱ぐのをモタついてた友人達が言った




「・・ちな。今日は

上を脱ぐだけで良いんやで。」





ぐああああああ!!!

大爆笑の中 パンツ一丁の私は さらし者になってしまいました
ズボンを履く時の虚しさったら・・・
青春の 汚点 1ページである





今日も パンツ一丁になりかけたが(嘘)
バスの中には私しかおらず 笑いも取れないので
(そんな笑いはいらない)
仕方なく上半身のみ脱衣



横たわり 冷たいゼリーのような液体がかけられて
超音波の機具が グルグルと体の上を滑る
アイロン台のような状態である


ってか 鬼のようにコソバイ!!
あかん!こそばいって思ったら もっとこそばくなる!
両手は万歳してるし ほっぺをつねるのも不可能だ


何か違う事を考えよう
そうだ!今読んでる小説・・
一番恐ろしい殺人現場の所を読んでいた
そうだ・・腐敗してたんだ 遺体が三つ

き・・気持ち悪い
気持ち悪いから ちょっと読むのをやめていたんだった


おええ おえ おええ (注:心の中)


こそばいし 気持ち悪いし
早く終わってくれと祈る私
(心の中で のた打ち回る怪しい三十路女)


なんとか こそばさと嘔吐から逃れ
バスを降りた
普通ならどうって事の無い 短時間のエコー
自ら 気持ち悪いモノにしてしまった事を悔やむ




次は触診
こっちのが嫌だよねぇ・・

まさに まな板の上の鯉である
さっきのエコーの機具が 先生の手になっただけだ
しかし ゼリーが無い分 こそばさはマシである


この年になっても 恥ずかしいモンは恥ずかしい
恥ずかしさを紛らわす為に
また妄想する事にした
今度は 殺人現場はやめておこう



先生の顔が 何故赤いのか
を分析する事にした


照れてる様子は無い
私が入って来た時から ずっと赤かったのを確認済みである

では 私の前の患者さんが とても若くて美しかったのだろうか
いや そんなはずは無い
私のグループも その前のグループも
50代~60代のカップクの良い ノーメイクのおば様達だったはず
(失敬な)
若くて美しいのは 私だけだ (厚かましい)


では 何故 こんなにも赤いのだろうか??



お酒を飲んでご出勤か?


看護士 「今日はあの美しいちなサンが来るそうですよ 先生」
医師 「うむ それは本当か?!こりゃ~シラフじゃ出来んな」
看護士 「では先生 とっておきのブランデーをご用意します」


そういう事だったのか?


いや アルコール臭はしない
では 何故赤いんだ??


何気に始めた一人妄想遊びだったのに
気になって気になって仕方が無い

まさか・・・皮膚炎??
アトピーとかなら大丈夫だが うつる病気だったら?

うあああ 大丈夫っすか?せんせ~!



「大丈夫ですよ」


と先生が返事した


「え?」


ああ そっか
私の心の声が聞こえたんじゃなく
しこりを発見しなかったって事か?
めっちゃ焦った

と言うか 失礼な妄想しちゃってゴメンなさいでした




これで終了!

早く診てもらえた為に 仕事にも間に合った
あんど
こうしてブログのネタになったので
行って良かった 良かった
(ある意味 体を張ったネタである)


後は 数週間後に届く エコーの診察結果を待つのみ

これは・・・
ブログのネタになっちゃうような
ショッキングな結果はいらないぞぉ
と願う ちなでした




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

えらい!

うちはまだ行ったことないねん。
去年まで授乳してたから、たぶん大丈夫かと。
で、今年は行きたいとは思ってるんだけど
普通の健康診断と同じ日やねんけど
さらに、、子どもは誰が見るんや??って思うと
まだ健康診断も遠ざかっていく姉でした。



わたしも・・

わたしもそろそろ受けて見ないとなーって年になったことをふと、思い出しました
そうですよねー
勇気を出して受診しなくては!?
来年は、そういったもののご連絡がぞろぞろ来る?
ちなさん、参考にさせていただきます!



>あねサマ

忙しいからねぇ しょうがないよ
病院と違って 区でやってくれてるから
うちの場合は1300円だけで済みましたよ
検査場所も区民会館でした
ちなみに40歳以上の人は検査方法が変わりますが、金額同じ。
それと 授乳中の人も受診できます。

子どもが小さいとなかなか行けないから難しいね
でも何事も早期発見!が大事だしね
そういう私も 昨年 一斉に友人達が行った事で
慌てて行ったって状態です~(;^_^A



>be-happy-lifeサマ

意外に簡単だったし 痛みも無いし
脱衣時間込みで30分くらいで終了します

そういう通知はねぇ 三十路はそんなに無いですね
40歳からグっと増えるらしいですよ
つまり 三十路は乳がん検診くらいなんですよね
その検診自体 とても簡単なものです
40歳からは 胸を挟むヤツをしないといけないらしいですよ
それは少し傷みも伴うらしいので ちょっと怖いです(>_<)



状況を想像しちゃいましたが・・・

この日記、女性専用ではないですよね。
逮捕されないですよね?

>うあああ 大丈夫っすか?せんせ~!
>「大丈夫ですよ」
のくだりは、すご!

妄想と現実の連携は、ドラマみたいですね。
脚本家の才能があるんでしょうね。
その気になってみてもいいかもv-221



検診

私も去年だっけ(2年前?)
経験したけど
40歳以上になると
マンモグラフィー(皆さんの言う挟むやつ)
になるれしいけど
あれがね、すごく痛いのよ~って、今からえらく脅されてるのでね、こわいです^^;
でも、超音波も触診もなんか(苦笑)
超音波は女性だったけど
微妙なところを行ったりきたりでさ(苦笑)
触診は男性のお医者様なので余計緊張するし

でも
行って早期発見しないとね
まだ経験してないのは
胃カメラと大腸の内視鏡かな・・・

あと
子宮の検査は
子宮頚部の検査しかない場合が多く
(うちの市の検診はそうだった)
子宮の本体の検査も必要ですよ
私は検査しなおして、病気を発見しましたしね

いろいろ気をつけないといけないよねv-12



>鈴木三日サマ

逮捕されません(爆)
いや ゲストさんの半分が男性なので
書こうかどうしようか迷ったんですけどね~すいません(;^_^A

ほんの少しだけ 妄想癖があるかもしれない(苦笑)
いえ 決して怪しい者ではありません~~ぷぷぷ
電車に乗ってても人間観察しちゃって 勝手に想像したりして
ついつい楽しんでしまいます
ああ 一人で吹いちゃったりはしないですよ~
あくまでも真顔のままで(≧∇≦)
このクセでブログのネタが出来て 良かったです うひ♪



>hi-raサマ

マンモグラフィー‥私もかなりビビってるよ
TVでも見た事あるしさぁ 
触診も‥嫌だよねぇ 本当に恥ずかしかったもん
若い子だと あまりの恥ずかしさに途中で帰ろうって思っちゃうよねぇ
私も別の事を考えないと耐えられませんでした(; ;)

でも一番嫌なのは 大腸の内視鏡!!
ああ 一生経験したくないんだけどねぇ
胃カメラは胃潰瘍経験者なのでやったけど
最初はオエってパニくったよ!やばい!吐くかも?やめろ~ってね
でもすぐ慣れたよ 人間ってすご~いと思ったw

早期発見の為には 無理してでも行かないとね
手術で胸を取られる程 女にとって屈辱だもん
結果が怖いけど 深く考えずに待ちますi-195



触診かぁ。
女性にとっては内診も含めて恥ずかしさってのがスゴイんやろな。
している方はスケベ心はないんやろうけど。
イヤ、でもたまにはあるんやろなぁ(笑)
反対に男の触診って聞かないなぁ。
あるんやろうけど、想像するとなんかヘンだ。

心電図で若い先生?看護婦?が吸盤をペタペタ貼ってくれてた時に、「これ僕が若かったら興奮してしまうかも??」ってフト思うこの心。

女の人に触れたい、降られたい男。
好きな男に触れたい、降られたい女。
男女の性はどこまでいっても違うもんやんな。

と、何を書いてんだか。。



あっ、修正できひんかったんかな?
漢字間違い発見。

失礼しました。



>おさむサマ

亀レスどころか・・浦島レスで申し訳ありません~

内診の最中に研修医が二人 私の足元で担当医に話しかけた事があります
医師はタオル一つかけてくれませんでした
患者をモノと思ってるんだと悔しくて泣きそうになりました

TVで ある男性医師が話してました
「男性に言いたい。
裸になって足を広げて 診察台に乗ってる自分を想像しましょう
どれだけ女性が恥ずかしいか・・それを理解出来ない婦人科医はダメだ」とね

世の中の旦那さんにも知って欲しい
奥さんがどれだけ辛い思いをして 出産まで至ったかって事をね(^_^)

今回の医師はとても気をつけて下さってるのが伝わりました
そういう安心感が持てない医師とは もう出会いたくないですね



Trackback

Trackback URL:
乳がん 乳がん乳癌(にゅうがん, Breast cancer)とは乳房組織に発生する癌腫である。世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされて  [続きを読む] たかこの部屋 2007/02/23 07:21
 Home